×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

STORY

僕らは歩いてきた

何もわからずに

何かをわかるために

僕らの足で

この土を踏んで

ただ生かされて

けれどたしかに

僕らは歩いてきたんだ


目を覚ますと金髪の女が立っていた。
女は問う。
「坊やの名は何っての? どうしてまた、こーんな人っ子ひとり通らない道端に倒れていたわけ?」
彼は答えた。
「……名前はジルリ。だと思う」
「思う、とな」
「あとは、無い。……わからない」


ふたりは出逢った。黒き瞳の少年と、金色の髪の女。
ふたつの彩りの歯車が咬み合い、ひどく巨きな物語を織り成し創めたことなど、知る由もなく。
(fragment〜黒耀の瞳と金色の砂〜本編プロローグより抜粋)


BACK